【読書】思うは招く。好きなことを大切に。

読書

北海道の町工場でロケットを作っている植松努さんの著書、空想教室を読みました。夢を持つこと、好きなことを続けることの大切さを教えてくれます。人生を振り返って、考え方が変わる本です。

本のデータ

タイトル好奇心を“天職”に変える空想教室
著者植松努
出版社サンクチュアリ出版
出版年月2015年11月1日
ISBNISBN978-4-8014-0019-1

読むきっかけ

TEDの植松さんの動画を見て考え方に共感し、著書があったので手に取りました。動画もぜひ見てください。動画での話し方と、本の文体が同じで、面白いです。

植松 努 | TEDxSapporo
札幌から世界へ。世界から札幌へ。価値あるアイデアを共有します。
Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

夢を持ち、自分の好きなことを続ける

小さい頃は、みんな夢を持っています。しかし、周りから「どうせ無理」と言われて、夢をあきらめて、自信を失ってしまいます。

植松さんは、自分の夢を大切に、自分の考えを優先して、自分でやってみる大切さを教えてくれます。

また、失敗したときは、責めるのではなくて、次はどうすればうまくいくかを考えようと励ましてくれます。

好きなことは、自然に続けられて、伸びていきます。いくらでも吸収できます。

人が生きていくには、自信が必要です。やったことがないことをすれば、自信が身につきます。やるかどうかで迷ったときは、「できるか、できないか」ではなくて、「やりたいか、やりたくないか」で選んでください。

自信を持つと、やさしくなれます。

植松さんは、本当にやさしく、励まして、背中を押してくれます。

自分を振り返る

この本を読んで、私は自分の人生を振り返りました。

どんな考えて選択してきたのか?

自分の夢は何なのか?

自分は自信を持っているのか?

好きなことは夢中になれる、いくらでも吸収できる、伸びていくという感覚は、よくわかります。しかし、今の自分は、好きなことや夢がわからない状態になってしまっています。とても悲しい状態です。

この本を読んで、自分の考えや夢をもっと優先させようと思いました。

まとめ

この本は、自分の夢を持ち好きなことを続けること、自信とやさしさを持つことの大切さを教えてくれます。

自分を振り返るきっかけ、人との関わり方、教育とは何か、というようなところまで、広がっていくと思います。

ぜひ、読んでください!

コメント